電気の切り替え・新規申し込みなら

お得な電気料金プランにしたい?お電話ください!

電気のエキスパートが最適な電気料金プラン探しをお手伝いします。気に入ったプランがあれば契約手続きも全面サポート。電気の切り替え/新規申込はセレクトラのらくらく窓口まで!

セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)

お得な電気料金プランにしたい?お電話ください!

電気のエキスパートが最適な電気料金プラン探しをお手伝いします。気に入ったプランがあれば契約手続きも全面サポート。電気の切り替え/新規申込はセレクトラのらくらく窓口まで!

セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)

電気の切り替え相談

お得な電気料金プランをお探しですか?


セレクトラのらくらく窓口では、お客様にとって最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。 お申込フォームにご記入ください。折り返しお電話いたします。

お得な電気料金プランをお探しですか?


セレクトラのらくらく窓口では、お客様にとって最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。 お申込フォームにご記入ください。折り返しお電話いたします。

九州エリアのおすすめ電力会社:料金比較や特徴・注意点まとめ

九州エリアのおすすめ電力会社:料金比較や特徴・注意点まとめ
九州エリアのおすすめ電力会社:料金比較や特徴・注意点まとめ

九州電力エリアで契約できるおすすめの電力会社をまとめています。電気料金の比較やそれぞれの電気料金プランの特徴、契約する前の注意や手続きの方法についてご紹介します。

  • セレクトラのらくらく窓口 0120-044-028)では、最適な電気料金プランを見つけるお手伝いをしています。電気の引っ越し手続き・切り替え手続きが必要な方はぜひお電話ください。

九州エリアで自分に最適な電力会社を見つけるには?

電気料金プランを選択する基準は人によって様々ですが、「電気料金を安くする」という基準で考える場合、どの電力会社・電気料金プランが一番お得になるかは、各ご家庭の電気の使用状況によって異なる可能性があります。

自分にとって一番お得な電気料金プランを見つけたいと思ったら、毎月の電気使用量(kWh)をチェックして、それに基づいて電気代を計算してみましょう。この記事では世帯人数ごとの平均的な電気使用量に基づいて電気料金のシミュレーションをしますので、参考にご確認ください。

また、電気料金比較について、一般家庭向けの最もスタンダードなプラン、かつ九州エリアで一番契約者が多い「九州電力・従量電灯B」を基準として計算します。

電気の切り替え・新規申し込みなら

お得な電気料金プランにしたい?お電話ください!

電気のエキスパートが最適な電気料金プラン探しをお手伝いします。気に入ったプランがあれば契約手続きも全面サポート。電気の切り替え/新規申込はセレクトラのらくらく窓口まで!

セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)

お得な電気料金プランにしたい?お電話ください!

電気のエキスパートが最適な電気料金プラン探しをお手伝いします。気に入ったプランがあれば契約手続きも全面サポート。電気の切り替え/新規申込はセレクトラのらくらく窓口まで!

セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)

電気の切り替え相談

お得な電気料金プランをお探しですか?


セレクトラのらくらく窓口では、お客様にとって最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。 お申込フォームにご記入ください。折り返しお電話いたします。

お得な電気料金プランをお探しですか?


セレクトラのらくらく窓口では、お客様にとって最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。 お申込フォームにご記入ください。折り返しお電話いたします。

九州エリア:一人暮らしの電気料金比較

一人暮らしの平均的な世帯の契約アンペア容量を30A、ひと月の電気使用量を200kWhとして、電気料金のシミュレーションと比較を行います。

九州エリア:一人暮らしの電気料金比較
順位 電力会社 電気料金とプラン名 九州電力との比較 備考
  オクトパスエナジー
 公式サイト
4,701円
グリーンオクトパス
年間‐1,560円
‐2.7%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  ドコモでんき
 公式サイト
4,734円
ベーシック(非ドコモユーザーの場合)
年間-1,164円(dポイント還元)
‐2.0%
燃料費調整額に上限ありで燃料価格高騰時も安心

※セレクトラおすすめの新電力の電気料金プランを、九州電力の従量電灯Bと比較。電気料金は基本料金と電力量料金の合計で税込。ただし、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。2022年7月時点の条件に基づく

九州エリア:二人暮らしの電気料金比較

二人暮らしの平均的な世帯の契約アンペア容量を40A、ひと月の電気使用量を300kWhとして、電気料金のシミュレーションと比較を行います。

九州エリア:二人暮らしの電気料金比較
順位 電力会社 電気料金とプラン名 九州電力との比較 備考
  enひかり電気
 公式サイト
7,080円
enひかり電気(ネットとセット契約)
年間‐4,248円
‐4.8%
燃料費調整額の設定がない(=0円)ので燃料価格に左右されることがない
  オクトパスエナジー
 公式サイト
7,203円
グリーンオクトパス
年間‐2,772円
‐3.1%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  ドコモでんき
 公式サイト
7,285円
ベーシック(非ドコモユーザーの場合)
年間-1,788円(dポイント還元)
‐2.0%
燃料費調整額に上限ありで燃料価格高騰時も安心

※セレクトラおすすめの新電力の電気料金プランを、九州電力の従量電灯Bと比較。電気料金は基本料金と電力量料金の合計で税込。ただし、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。2022年7月時点の条件に基づく

九州エリア:3~5人世帯の電気料金比較

3~5人暮らしの平均的な世帯の契約アンペア容量を50A、ひと月の電気使用量を450kWhとして、電気料金のシミュレーションと比較を行います。

九州エリア:3~5人世帯の電気料金比較
順位 電力会社 電気料金とプラン名 九州電力との比較 備考
  enひかり電気
 公式サイト
10,425円
enひかり電気(ネットとセット契約)
年間‐14,580円
‐10.4%
燃料費調整額の設定がない(=0円)ので燃料価格に左右されることがない
  オクトパスエナジー
 公式サイト
11,062円
グリーンオクトパス
年間‐6,936円
‐5.0%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  ドコモでんき
 公式サイト
11,407円
ベーシック(非ドコモユーザーの場合)
年間-2,796円(dポイント還元)
‐2.0%
燃料費調整額に上限ありで燃料価格高騰時も安心

※セレクトラおすすめの新電力の電気料金プランを、九州電力の従量電灯Bと比較。電気料金は基本料金と電力量料金の合計で税込。ただし、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。2022年7月時点の条件に基づく

ランキング掲載の電力会社の特徴と注意点、申込方法

ここまで見てきた世帯人数別の電気料金比較に出てきた電力会社について、掲載順に概要をまとめました。

オクトパスエナジー 詳細を見る
ドコモでんき 詳細を見る
enひかり電気 詳細を見る

実質再エネ100%の電気が使える「オクトパスエナジー」

オクトパスエナジー

 こんな会社

オクトパスエナジーはイギリスで作られた電力会社で、世界で300万件超の電気の供給実績があります。

日本では東京ガスとの合弁会社を設立して、2021年より電気を販売しています。沖縄と一部の離島を除く全国でオクトパスエナジーの電気を契約することができます。

 プランの特徴

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、非化石証書の利用によって実質再生可能エネルギー100%、つまり実質CO2排出ゼロの電気を提供しています。日々の暮らしにおける環境負担を減らしたいと考えているご家庭にぴったりのプランだと言えます。

グリーンオクトパスは、九州電力の従量電灯Bと比べて電力量料金の単価が安くなっています。電気の使用量の多少にかかわらず、電気代がお得になりやすい価格設定です。

最低契約期間のしばりはなく、違約金の設定もないため、安心して契約できます。

また、現在新規の申し込みに対して5,000円キャッシュバックキャンペーンが開催されています。

 注意点は?

オクトパスエナジーは燃料費調整額に上限を設定していません。したがって、燃料価格が高騰している間は九州電力の従量電灯Bと比べて電気代が高くなる場合があります。申し込みをする前に、その時の燃料費調整額と燃料価格の動向を確認しましょう。

 申し込み方法

オクトパスエナジーへの申し込みは、Webサイトからフォームを送信、もしくは電話にて行います。電話での申し込みは、セレクトラのらくらく窓口で受付可能です。

オクトパスエナジーの申し込み
Webサイトから  オクトパスエナジーの公式サイト
電話から   0120-044-028
セレクトラのらくらく窓口:毎日 9時~19時(年末年始除く)

電気料金に応じてdポイント還元「ドコモでんき」

ドコモでんき

 こんな会社

ドコモでんきは、大手キャリアのドコモによる電力サービスです。2022年に販売が開始され、沖縄と一部の離島を除いて全国で契約することができます。

 プランの特徴

「ドコモでんきベーシック」は、九州電力の従量電灯Bと価格がまったく同じ電気料金プランです。ただし、ドコモでんきでは電気代に応じてdポイントが還元されます。還元率は以下のとおりです。

  • ドコモでんきベーシックのポイント還元率
  • ドコモの対象プランユーザー:3%
  • ドコモの対象外プランユーザー、非ドコモユーザー:2%

なお、ドコモでんきは燃料費調整額の上限を設定しているので、燃料価格が高い時期でも九州電力の従量電灯Bより燃料費調整額が高くなることはありません

最低契約期間のしばりはなく、違約金の設定もないため、安心して契約できます。

 注意点は?

ドコモでんきは「ドコモでんきグリーン」という実質再エネ100%の電気も販売しています。ドコモでんきグリーンでも条件に応じてdポイントが還元されますが(3~10%)、電気料金の設定は九州電力の従量電灯と比べて500円割高です。

 申し込み方法

ドコモでんきへの申し込みはWebサイトから行います。

ドコモでんきの申し込み
Webサイトから  ドコモでんきの公式サイト

enひかり電気

enひかり電気

 こんな会社

格安光回線インターネット接続サービス「enひかり」のオプションサービスとして販売開始されたのが「enひかり電気」です。これらのサービスは株式会社縁人によって提供されています。

 プランの特徴

enひかり電気は、電気使用量が多いご家庭ほどお得になる価格設定です。九州エリアでは、月の電気使用量が300kWh以上あるご家庭で電気代が効果的に節約できるでしょう。

なお、九州電力をはじめとする多くの電力会社では、電気料金の中に「燃料費調整額」を含んでいます。これがある場合、燃料価格が高い時期はそれに伴って電気代が高くなります。一方、enひかり電気では「燃料費調整額」を設定していないため、電気料金が燃料価格によって変動することはありません。非常に安心なプランと言えます。

最低契約期間のようなしばりはなく、違約金の設定もありません。

 注意点は?

enひかり電気は、インターネットのenひかりとセットにしないと契約することができません。ただし、enひかりもお得な料金設定となっていますので、以下から詳細をご確認ください。

 申し込み方法

enひかり電気への申し込みは、Webサイトで行います。なお、enひかりを契約していない方は、同時に契約申し込みを行う必要があります。

enひかり電気の申し込み
Webサイトから  enひかり電気の公式サイト

セレクトラがおすすめする電力会社とその理由

ここまでで登場した電力会社の中で、特にセレクトラがおすすめしたいのはオクトパスエナジーです。オクトパスエナジーをおすすめする理由は以下のとおりです。

  1. 実質再エネ100%の電気を提供している
  2. 電気使用量が多くても少なくても電気代がお得になりやすい価格設定*
  3. 新規申し込みで5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中

*こちらで説明しているとおり、燃料価格が高騰している間は九州電力と比べて電気代が高くなってしまう場合があるので注意が必要です。しかし、通常時であれば電気使用量の多い・少ないにかかわらず、九州電力よりも電気代が安くなります。

また、非化石証書の利用によって実質的に再エネ100%の電気が使える点もオクトパスエナジーの大きな魅力です。再エネを選ぶことは、燃料価格に電気代が左右される火力発電中心の現状を変える一歩にもなります。

一方で、「電気代が高くなるのは絶対にいやだ」という方は、燃料費調整額に上限設定があるドコモでんき、またはそもそも燃料費調整額のないenひかり電気を選ぶことをおすすめします(どちらも2022年7月現在の料金プラン内容に基づく)。

電気を切り替える時の手続きはどうする?注意点は?

電力会社を切り替えたい!となった時に確認しておくべき注意点と、実際の手続きの流れをご紹介します。

電気の切り替えで注意するポイント

電気を切り替える前の注意点

1. 燃料費調整額の設定は?

燃料費調整額は、火力発電で必要な燃料(LNGや石炭など)の調達にかかるコストを電気料金に定期的に反映させるための料金です。

単価は「1kWhあたりxx円」という風に決められていて、毎月変動します。燃料価格が上がればプラスに、下がればマイナスになって電気料金の調整を行うしくみです。

通常時は、同エリア内にあるほとんどすべての電力会社が燃料費調整額の単価を同額に設定しています。

しかし、燃料価格が長く高騰していることによって、燃料費調整額に上限規制のある大手電力会社の規制料金プラン(九州電力・従量電灯)と比べて、新電力の燃料費調整額単価が高くなっている傾向があります。

そのため、電気の切り替えを行う際は契約したい電力会社の燃料費調整額がどのように設定されているかを事前に確認しましょう。

ちなみに、ドコモでんきは上限を設けているため、燃料費調整額が九州電力の従量電灯と変わらず安心して切り替えすることができます。また、enひかり電気はそもそも燃料費調整額なし、という珍しい料金設定のため、燃料価格に左右される心配がありません(2022年7月時点)。

2. 最低契約期間や解約金はない?

電気料金プランの中には、最低契約期間や解約金の条件(例:一年以内に解約した場合は解約金がかかる)を設けているものもあります。のちのち解約が必要になったときに余分な料金をはらわなくても済むよう、契約の前に確認しておきましょう。

上記紹介プランについては、解約金の有無について記載をしてありますのでご確認ください。

電気の契約切り替え手続き・手順

 契約したい電気料金プランを決める

どの電力会社のどの電気料金プランを契約したいか決定します。上記の注意点を確認したうえで、それぞれのプラン内容を比べましょう。

ご自身に最適なプランを見つけるためには、毎月の電気使用量(kWh)を確認して、実際の電気料金を計算するようにしましょう。

 現在契約している電力会社の情報を確認する

電気料金の切り替え手続きには、現在の電力会社の契約内容や供給地点特定番号が必要です。検針票(電気使用量のお知らせ)やマイページなどに記載がありますので、確認しましょう。

  • 電力会社の切り替え手続きに必要な情報
  • 契約者氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 現在契約中の電力会社のお客様番号やプラン名等
  • 供給地点特定番号
  • 支払い情報(クレジットカード、口座振替)

 新しい電力会社に契約申し込みをする

電力会社の切り替え手続きは、新しい電力会社に契約申し込みをするだけでOKです。契約中の電力会社への解約手続きは必要ありません。(新しい電力会社が代行してくれるため)

新旧の電力会社間で手続きが終わり次第、電気が自動的に切り替わります。申し込みから実際に電気の切り替えが行われるまでには、4日~2か月程度かかります。(検針日のタイミングによる)

電気の切り替え・新規申し込みなら

お得な電気料金プランにしたい?お電話ください!

電気のエキスパートが最適な電気料金プラン探しをお手伝いします。気に入ったプランがあれば契約手続きも全面サポート。電気の切り替え/新規申込はセレクトラのらくらく窓口まで!

セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)

お得な電気料金プランにしたい?お電話ください!

電気のエキスパートが最適な電気料金プラン探しをお手伝いします。気に入ったプランがあれば契約手続きも全面サポート。電気の切り替え/新規申込はセレクトラのらくらく窓口まで!

セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)

電気の切り替え相談

お得な電気料金プランをお探しですか?


セレクトラのらくらく窓口では、お客様にとって最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。 お申込フォームにご記入ください。折り返しお電話いたします。

お得な電気料金プランをお探しですか?


セレクトラのらくらく窓口では、お客様にとって最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。 お申込フォームにご記入ください。折り返しお電話いたします。

九州エリアの電気料金比較:まとめ

九州エリアの電気料金比較:まとめ
質問1:九州エリアのお得な電気料金プランは?
回答1

電気使用量の大きさによって、お得になる電気料金プランは異なる場合があります。

セレクトラのシミュレーションによると、九州エリアでは、一人暮らし世帯では「オクトパスエナジー」、二人以上の世帯では「enひかり電気」のお得度が高い料金プランという結果となりました。

▷一人世帯のシミュレーションを詳しく見る

▷二人世帯のシミュレーションを詳しく見る

▷3~5人世帯のシミュレーションを詳しく見る

質問2:おすすめの電気料金プランは?
回答2

セレクトラがおすすめするのは「オクトパスエナジー」の「グリーンオクトパス」です。

電気使用量にかかわらず電気代がお得になりやすいこと、実質再エネ100%の環境負担が少ない電気を提供していることが理由です。

▷オクトパスエナジーがおすすめな理由を詳しく見る

更新日