電気の切り替え・新規申し込みなら

お得な電気料金プランにしたい?お電話ください!

電気のエキスパートが最適な電気料金プラン探しをお手伝いします。気に入ったプランがあれば契約手続きも全面サポート。電気の切り替え/新規申込はセレクトラのらくらく窓口まで!

セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)

お得な電気料金プランにしたい?お電話ください!

電気のエキスパートが最適な電気料金プラン探しをお手伝いします。気に入ったプランがあれば契約手続きも全面サポート。電気の切り替え/新規申込はセレクトラのらくらく窓口まで!

セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)

電気の切り替え相談

お得な電気料金プランをお探しですか?


セレクトラのらくらく窓口では、お客様にとって最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。 お申込フォームにご記入ください。折り返しお電話いたします。

お得な電気料金プランをお探しですか?


セレクトラのらくらく窓口では、お客様にとって最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。 お申込フォームにご記入ください。折り返しお電話いたします。

関東エリアの電気料金比較:お得な電力会社、特徴・注意点を詳しく解説

関東エリアの電気料金比較:お得な電力会社、特徴・注意点を詳しく解説
関東エリアの電気料金比較:お得な電力会社、特徴・注意点を詳しく解説

世帯人数別に関東エリアで利用できる電力プランの料金比較を行い、ぴったりな電力会社探しのお手伝いをします。また、関東で利用できるおすすめ電力会社の特徴や、電力会社を切り替えるメリットやデメリット、切り替え時の注意点まで分かりやすく解説。電力会社の切り替えをお考えの方はぜひご覧ください。


【世帯人数別】関東の電気料金比較

どの電力会社が良いかはそれぞれのライフスタイルによって異なります。そこで以下では、世帯人数別に月々の電気料金をシミュレーションし、お得になりやすいおすすめ電力会社を紹介します。以下のリンクをクリックしてご確認下さい。

また、セレクトラのらくらく窓口 0120-044-028)でも、お得な電気料金プランのご紹介・契約サポートを行っています。自分に合ったプランをくわしく知りたい方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

【1人暮らし】関東の電気料金比較

一人暮らしのひと月あたりの平均的な電気使用量を200kWh、契約アンペアを30Aとして、電気料金を比較しました。

【1人暮らし】関東の電気料金比較
順位 電力会社 電気料金とプラン名 東京電力との比較 備考
  オクトパスエナジー
 公式サイト
5,167円
グリーンオクトパス
年間‐2,340円
‐3.6%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  東京ガス
 0120-398-062
5,254円
基本プラン
年間‐1,296円
‐2.0%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  ドコモでんき
 公式サイト
5,254円
ベーシック(非ドコモユーザーの場合)
年間-1,296円(dポイント還元)
‐2.0%
2023年1月検針分以降は燃料費調整額の上限がなくなるため、燃料価格高騰時は単価を要確認

※セレクトラおすすめの新電力の電気料金プランを、東京電力の従量電灯Bと比較。電気料金は基本料金と電力量料金の合計で税込。ただし、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。2022年7月時点の条件に基づく

【2人暮らし】関東の電気料金比較

二人暮らしのひと月あたりの平均的な電気使用量を300kWh、契約アンペアを40Aとして、電気料金を比較しました。

【2人暮らし】関東の電気料金比較
順位 電力会社 電気料金とプラン名 東京電力との比較 備考
  オクトパスエナジー
 公式サイト
7,888円
グリーンオクトパス
年間‐4,896円
‐4.9%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  東京ガス
 0120-398-062
8,069円
基本プラン
年間‐2,724円
‐2.7%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  小田急でんき
 公式サイト
8,086円
Sプラン
年間‐2,520円
‐2.5%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認

※セレクトラおすすめの新電力の電気料金プランを、東京電力の従量電灯Bと比較。電気料金は基本料金と電力量料金の合計で税込。ただし、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。2022年7月時点の条件に基づく

【3~5人暮らし】関東の電気料金比較

3~5人世帯のひと月あたりの平均的な電気使用量を450kWh、契約アンペアを50Aとして、電気料金を比較しました。

【3~5人暮らし】関東の電気料金比較
順位 電力会社 電気料金とプラン名 東京電力との比較 備考
  オクトパスエナジー
 公式サイト
12,149円
グリーンオクトパス
年間‐12,216円
‐7.7%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  小田急でんき
 公式サイト
12,450円
Sプラン
年間‐8,604円
‐5.4%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認
  東京ガス
 0120-398-062
12,459円
基本プラン
年間‐8,496円
‐5.3%
燃料費調整額の上限がないため燃料価格高騰時は単価を要確認

※セレクトラおすすめの新電力の電気料金プランを、東京電力の従量電灯Bと比較。電気料金は基本料金と電力量料金の合計で税込。ただし、燃料費調整額再エネ賦課金は含まない。2022年7月時点の条件に基づく

セレクトラが特におすすめする電力会社はこれ!

ここまで見てきた電力会社の中で、セレクトラがおすすめするのは「オクトパスエナジー」です。

オクトパスエナジー

おすすめな理由は以下のとおりです。

  • 実質再エネ100%の電気を使うことができる
  • 電気使用量にかかわらず、東京電力よりも電気代が安くなる価格設定*
  • 今なら新規申し込みで5,000円キャッシュバック

*燃料価格高騰時は割高になる場合あり

燃料価格が高い時は東京電力よりも電気代が高くなってしまう可能性がある(※)ものの、通常時では電気使用量にかかわらず、たとえ少ない使用量でも電気代が安くなることが魅力と言えます。

(※)オクトパスエナジーは燃料費調整額に上限額を設けていないため、燃料価格が高騰している時は、東京電力の従量電灯Bよりも電気代が割高になる場合があります。申し込み前に燃料費調整額を確認しましょう。

また、オクトパスエナジーを選ぶことは、CO2排出の少ない、環境負担の少ない電気を選ぶことです。持続可能な社会を築く必要性が訴えられている今日、環境にやさしい電力プランを選ぶことは未来への貢献にもつながります。

関東で利用できるおすすめの電力会社一覧

関東で利用できるおすすめの電力会社は以下の通りです。

以下では、それぞれの会社の特徴や注意点をまとめています。

オクトパスエナジー

オクトパスエナジー

 こんな会社

オクトパスエナジーはイギリス発の新電力で、世界で約300万件を超える供給実績があります。日本では、東京ガスとの合弁企業を設立して電気の販売を行っています。

オクトパスエナジーの電気は、沖縄と一部離島を除く全国で契約することができます。

 プランの特徴

グリーンオクトパス」は非化石証書の利用により、実質的に再生可能エネルギー100%の電気を契約者に供給しています。

最低契約期間はなく、違約金なども発生しない安心なプランです。

現在、新規申込者を対象とした5,000円キャッシュバックのキャンペーンが開催中です。

 注意点は?

燃料費調整額に上限額を設けていないため、燃料価格が高騰している時は、東京電力の従量電灯Bよりも電気代が割高になる場合があります。申し込み前に燃料費調整額を確認しましょう。

 申し込み方法

オクトパスエナジーへの申し込みは、公式Webサイトからのフォーム送信または電話にて行えます。電話申し込みは、セレクトラのらくらく窓口にて受付可能です。

オクトパスエナジーの申し込み
Webサイトから  オクトパスエナジーの公式サイト
電話から   0120-164-006
セレクトラのらくらく窓口:毎日 9時~19時(年末年始除く)

東京ガス

東京ガス

 こんな会社

東京ガスは日本最大手の都市ガス会社です。現在は関東エリアで電気も販売しており、契約件数は約271万件にのぼります(2021年3月時点)。

 プランの特徴

基本プラン」は、電気使用量の大きさにかかわらず、電力量料金が東京電力よりも割安に設定されています。

基本プランでは、電気代の1.5%がパッチョポイントとして還元されます。東京ガスの都市ガスとセットで契約すると、電気代がさらに0.5%安くなります。

最低契約期間はなく、違約金なども発生しない安心なプランです。

現在、新規申込者を対象とした基本料金3ヶ月無料のキャンペーンが開催中です。

 注意点は?

燃料費調整額に上限額を設けていないため、燃料価格が高騰している時は、東京電力の従量電灯Bよりも電気代が割高になる場合があります。申し込み前に燃料費調整額を確認しましょう。

 申し込み方法

東京ガスへの申し込みは、公式Webサイトからのフォーム送信または電話にて行えます。

東京ガスの申し込み
Webサイトから  東京ガスの公式サイト
電話から  0120-398-062

小田急でんき

小田急でんき

 こんな会社

小田急電鉄が2019年にスタートさせた電力販売サービスが小田急でんきです。関東エリアで電気と都市ガスの販売を行っています。

 プランの特徴

Sプラン」は、電気使用量にかかわらず、電力量料金が東京電力の従量電灯Bよりも割安に設定されています。ただし、電気使用量が増えるほど東京電力と比べた時の割引率は大きくなります。

契約期間は1年ですが、最低契約期間はなく、違約金なども発生しない安心なプランです。

 注意点は?

燃料費調整額に上限額を設けていないため、燃料価格が高騰している時は、東京電力の従量電灯Bよりも電気代が割高になる場合があります。申し込み前に燃料費調整額を確認しましょう。

 申し込み方法

小田急でんきへの申し込みは、公式Webサイトからのフォーム送信にて行えます。

小田急でんきの申し込み
Webサイトから  小田急でんきの公式サイト

関東で新電力に乗り換えるメリット・デメリットは?

関東で電力会社を乗り換える際のメリットとデメリットとしては、以下のようなものがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 電気料金がお得になりやすい

新電力では、東京電力などの大手電力会社よりも「電力量料金」などの料金単価が安く設定されていることが多いため、切り替えることによってお得になりやすくなります(※)。

(※)ただし、電気代に加算される「燃料費調整額」には注意が必要です。発電の際の原材料となる燃料の価格が高騰した場合、新電力での燃料費調整額の設定が東京電力など大手電力会社の設定よりも高くなる場合があります。新電力との契約をご検討される際は、各電力会社の公式サイトにて「燃料費調整単価」の設定を確認されることをおすすめします。

電気代の料金単価についてさらに詳しく知りたい方は「電気代の計算方法」をご覧ください。

 ライフスタイルに合った電力プランを選べる

以前は東京電力の従量電灯制のような一般的なプランしかありませんでしたが、2016年の電力自由化以降は、オール電化プランや一人暮らし向けプランなど、ライフスタイルに合わせたプランが数多く生まれています。ご自身の暮らし方に合ったプランを選ぶことで、さらにお得に電力サービスを利用できる可能性が高くなります。

 電気の質は変わりません

東京電力などの大手電力会社よりもお得になりやすい新電力ですが、電気の質自体は大手電力会社と変わりません。なぜなら、電力会社にかかわらず、電気を発電所から契約者まで届ける作業はエリアごとの大手電力会社が一括管理しているからです。関東ではその業務を東京電力パワーグリッドが担当しています。
そのため、これまでと電気の質が変わってしまうようなトラブルは起こることがありません。

 倒産などによりサービスが停止する恐れがある

場合によっては新電力が倒産し、電力サービスが受けられなくなるリスクもゼロではありません。しかし、それによって直ちに電気が使えなくなることはありません

なぜなら、倒産が決定した新電力は電気の契約者に対して倒産を通知する義務があり、契約者は期日までに新たに他の電力会社と契約し直せば、問題なく電気を使い続けることができるからです。
また、期日までに他の電力会社との再契約ができなかった場合も、古い契約先の新電力がサービスを停止してから新しい電力会社に切り替えるまでの間は東京電力など各地域の大手電力会社から引き続き電気の供給を受けることができます。

このように、万が一契約先の新電力が倒産しても、電気が止まるということはないので、安心して新電力と契約していただけます。

 現在契約中のプランと乗り換え先のプランの料金設定に注意が必要

電力プランを乗り換える場合、料金表の「基本料金」と「電力量料金」の設定を確認しないと、逆に電気代が高くなってしまう恐れがあります。電力会社や電力プランによって料金設定は異なるため、現在契約中のプランと乗り換えを検討しているプランとで料金表を比較し、本当にお得になるのかを確認するようにしましょう。

関東で電力会社を乗り換える際の注意点は?

燃料費調整額の設定を要確認!

燃料費調整額は、電気を作るための燃料(LNGや石炭など)調達にかかるコストを電気料金に定期的に反映させるための料金です。

単価は1kWhあたりいくら、と決められており、毎月変動します。燃料価格が上がればプラスに、下がればマイナスになって電気料金の調整を行います。

通常であれば、同エリア内にあるほぼすべての電力会社が燃料費調整額の単価を同額に設定しています。

ですが、燃料価格の高騰が続いていることによって、燃料費調整額に上限規制のある大手電力会社の規制料金プラン(東京電力・従量電灯など)と比べて、新電力の燃料費調整額単価が割高になっている場合があります。

そのため、電気の切り替えを行う際には、契約したい電力会社の燃料費調整額がどのように設定されているかを事前に確認しましょう。

また、新電力会社によっては、燃料費調整額に加えて「電源調達調整費」などを導入しているところもあります。これは燃料価格の取引価格を電気料金に反映させるために一部新電力が設けたもので、燃料取引価格の変動に応じて加算あるいは減算されます。

このような「電源調達調整費」を設けている新電力会社だと、燃料価格が一定以上高騰した場合、電気代が値上りするリスクがさらに高くなります。電気の切り替えの際には「電源調達調整費」(あるいは「追加調整」)などの設定がない新電力会社を選ぶようにしましょう。

※上記の「おすすめ電力会社ランキング」で紹介した新電力はいずれも「電源調達調整費」(あるいは「追加調整」)を設けていません。

最低契約期間や解約金がないか確認しましょう

電気料金プランの中には、最低契約期間や解約金を設けているものもあります。のちのち解約が必要になったときに余分な料金をはらわなくても済むよう、契約の前に確認しておきましょう。

※上記の「おすすめ電力会社ランキング」については、解約金の有無について記載をしてありますのでご確認ください。

自分に合った電力会社を見つけたいなら…セレクトラのらくらく窓口にご相談ください

お客様の生活スタイルに応じてぴったりな電気料金プランは異なります。セレクトラのらくらく窓口 でお客様に最適なプラン選びを無料でサポート。まずはお気軽にお電話ください。

セレクトラのらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

電気の切り替えで電気代節約

自分に合った電力会社を見つけたいなら…セレクトラのらくらく窓口にご相談ください

お客様の生活スタイルに応じてぴったりな電気料金プランは異なります。セレクトラのらくらく窓口 でお客様に最適なプラン選びを無料でサポート。まずはお気軽にお電話ください。

セレクトラのらくらく窓口:営業時間 9時~19時(年末年始を除く)

自分に合った電力会社を見つけたいなら…セレクトラのらくらく窓口にご相談ください

お客様の生活スタイルに応じてぴったりな電気料金プランは異なります。セレクトラのらくらく窓口 でお客様に最適なプラン選びを無料でサポート。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

電気の切り替えで電気代節約

自分に合った電力会社を見つけたいなら…セレクトラのらくらく窓口にご相談ください

お客様の生活スタイルに応じてぴったりな電気料金プランは異なります。セレクトラのらくらく窓口 でお客様に最適なプラン選びを無料でサポート。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

関東でお得な電力会社を見つけるために必要な知識は?

お得な電力会社を見つけるためには、まずざっくりと電気代の計算方法を知っておくと楽です。

電気代は以下のように計算されます。

電気代の計算方法
電気代の計算方法

資源エネルギー庁公式HP「月々の電気料金の内訳」より引用

上の図にあるように、電気代は

から構成されています。

再エネ賦課金は全国一律(=どの電力会社でも必ず同じ料金設定)なので、電気代がお得になるかどうかを見抜くには、基本料金と電力量料金の設定をそれぞれ確認すればよいことになります。

電力会社の料金表では「基本料金」と「電力量料金単価」が載っているので、それぞれの料金が現在契約中の電力会社と比べて高く設定されているか安く設定されているかをチェックすれば、今よりも電気代がお得になりやすいかどうかが分かります。
つまり、現在契約中の電力会社と比べて「基本料金」と「電力量料金単価」の差額が大きいほど電気料金をお得にしやすくなります。

※ただし、電気代の計算方法の図にある「燃料費調整単価」には注意が必要です。通常時であれば、「燃料費調整単価」は、東京電力などの大手電力会社と新電力ともに同じ価格に設定されていますが、電気の原材料となる燃料の取引価格が高騰した場合には、大手電力会社の「燃料費調整単価」より新電力の単価の方が高くなる場合があります。新電力のご契約を検討される場合には、「燃料費調整単価」の価格設定を確認されることをおすすめします。

例として、セレクトラおすすめの「オクトパスエナジー」と「東京電力」の料金表を比較してみましょう。

グリーンオクトパス:関東エリア(税込)
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
オクトパスエナジー
10A 286.00円 286.00円
15A 429.00円 429.00円
20A 572.00円 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量 東京電力
従量電灯B
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
120kWhまで 19.88円 19.68円
安い
120kWh超えて300kWhまで 26.48円 24.35円
安い
300kWh超える 30.57円 26.50円
安い

*実際、オクトパスエナジーの基本料金は「1日あたりいくら」という風に設定されています。ここでは、他社との比較のためにひと月あたりの総額に直して掲載しています。

東京電力とオクトパスエナジーの料金表を比較すると、電力量料金単価がオクトパスエナジーの方が安く設定されていることが分かります。

このように、「基本料金」か「電力量料金単価」が現在契約中の電力会社よりも安く設定されていた場合、電気代がお得になりやすいです(※)。

※ただし、電気代に加算される「燃料費調整額」の設定には注意が必要です。東京電力・従量電灯Bの燃料費調整額には上限がないのに対し、新電力の料金プランの場合は燃料費調整額に上限が設けられていないことがあります。そのため、燃料価格が高騰した場合には東京電力・従量電灯Bの燃料費調整額よりも新電力の「燃料費調整額」の方が高くなり、結果としてお得にならない可能性があります。新電力の契約を検討される際には「燃料費調整額」の料金設定を確認されることをおすすめします。

切り替えで電気代をお得にしたい場合は、現在契約中の電力会社と新しく契約したい電力会社の料金表を見比べて、「基本料金」と「電力量料金単価」の価格設定を比較するようにしましょう。

電力会社探しに困ったら…らくらく窓口へ!

上の「関東でお得な電力会社を見つけるために必要な知識は?」で述べたように、電気代の計算方法を知ることで電気代を節約しやすくなります。しかし、実際にぴったりなプランを見つけるのは考慮すべき事柄が多く大変なのも事実です。

そこで、「自分に合った電力プランについて詳しくアドバイスをもらいながら選びたい」という方は、ぜひセレクトラのらくらく窓口 0120-044-028)までお電話下さい。電力プラン選びのエキスパートが、それぞれのライフスタイルに合った電力プランのご提案をいたします。

▶セレクトラのらくらく窓口とは?詳細と口コミを見る

関東エリアの電気料金比較:まとめ

関東エリアの電気料金比較:まとめ
質問1:関東エリアのお得な電気料金プランは?
回答1

電気使用量の大きさによって、お得になる電気料金プランは異なる場合があります。

セレクトラのシミュレーションによると、関東エリアでは、電気の使用量にかかわらず「オクトパスエナジー」のお得度が高い料金プランという結果となりました。

▷一人世帯のシミュレーションを詳しく見る

▷二人世帯のシミュレーションを詳しく見る

▷3~5人世帯のシミュレーションを詳しく見る

質問2:おすすめの電気料金プランは?
回答2

セレクトラがおすすめするのは「オクトパスエナジー」の「グリーンオクトパス」です。

電気使用量にかかわらず電気代がお得になりやすいこと、実質再エネ100%の環境負担が少ない電気を提供していることが理由です。

▷オクトパスエナジーがおすすめな理由を詳しく見る

更新日